自転車のチェーンの洗浄方法
1 ポイント
投稿者:掃除裏技
自転車のチェーンの洗浄方法
お掃除・片付けの場所
使用したグッズ
●(ブレーキ&パーツ)クリーナー
●オイル
●布orペーパータオル
かかった時間
15~30分
お掃除ステップ
STEP1
1.クリーナーで汚れを落とす。ノズルを汚れのある内側にあてて、吹き飛ばしながら汚れを落とします。 ※油系溶剤で落とす場合はホイールへの飛散に注意してください。チェーンの端から端まで行ったらペダルを回し、まだ洗浄してないところを同じように洗います。これを一周繰り返します。
STEP2
2.オイルをさすチェーンの汚れを落としたら、次はオイルをさします。
さし忘れるとチェーンが切れたり重くなったりするので注意です。またチェーンオイルはオイルなので、ホイールにつくとブレーキが効かなくなるなど事故のもとになります。周りへの飛散についてはクリーナーよりも慎重に。
STEP3
オイルをさす部位はチェーンの関節部分です。
外側ではなく、内側の関節にさします。ここで大雑把に吹きかけると、この関節部分に入らず、チェーンの切れや重たくなる原因となります。一つ一つの関節に吹きかけるようにするのがベストです。ちなみに外側から吹きかけたり1か所につけて伸ばす方法は、さび止めにはなりますが、それ以上の意味はありません。

STEP4
3.オイルをふき取る。
余分なオイルをふき取ります。
2で丁寧にさしていれば、チェーンの外側を良く拭き取っても関節の中に入っているはずなので大丈夫です。ここで拭きとりが甘いと、チェーンをこいだ時の遠心力で中の潤滑油が飛び散り、フレームなどが汚れるので、オイルのふき取りもしっかりしておくのが良いでしょう。
コツ/感想


前の記事へ     次の記事へ


あなたへのオススメ記事

▲このページのTOPへ